バスケットボール選手としての成長

バスケットボール選手として成長したい

プレーをする誰もが考えることだと思う

各世代で、うまい選手の中でも競技を続けることができなかったり、

評価されず、上のレベルに進むことができず、才能が埋もれてしまう選手も多くいる。

 

実際のところ、私自身もプロ選手としてプレーしてきたが、決して才能があったとは思っていない

確かに、人以上に「努力」したのは間違いない

しかし、努力しない選手なんていないとも思う

何が違うのだろうか

 

当たり前だが、「努力の仕方」におそらく差が出てくるのだと思う

 

今日は選手としての成長において重要なことを考えてみる

バスケットボール選手の成長は主には4つの側面からなっている

 

① On-Court Skill Development (コート上でのスキルの向上)

② Game Play (ゲームプレー)

③ Filmwork (映像を見る)

④ Strength & Conditioning (ストレングスとコンディショニング・メンタルトレーニング)

 

 

 

まず1つ目

On-Court Skill Development 

とは、いわゆるコート上で行う個人のスキルなどの練習のこと

チームの戦術をより効果的にし、それを遂行するには各選手のスキルが必須

 

次に

 Game Play

これは練習で得たスキルをゲームで勝つために、どのように使うのかを学んで行く

スキルをいくら身につけても、勝つことに繋がらなければ評価されない

 

そして3つ目に

Filmwork

映像を見ることでプレーからのフィードバックを行ったり、様々な映像を見ることで

バスケットボールIQの向上をはかる

映像分析をおこなわない選手は同じ間違いを繰り返す

 

最後に

Strength & Conditioning

ボールを使わないこと全てを含むが、

自分の体調や、トレーニング、メンタルの管理方法や、プレーヤー以外の人間的な面も向上していく

 

 

 

「うまい」だけではなく、「強い」選手になり、

成長し続けられる選手というのは

上記の4つの側面において努力を続けている。

 

努力=コートでの練習

だけではなく

努力にも種類があることをまずは知ることが大切だと思う。

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)